Life is ...

kimie

二元ストーリーを幻と気づかない「私」 いまここの「いまここ」を気づかない「私」

起こるままに表します♬



二元ストーリーは

いまここ全体、無・空、真我などと表される



ソレ・コレ から

起こっては消え、

起こっていない幻です。


二元に現れているものは

もれなくそれでしかありませんね。


「私の思考」

「私のからだ」

「私の感情」



「私」はからだと同一のモノ。

と思い込んでいること、、、



よく見てください



本当に?



と、



ブログ、ミーティング、茶ットサンでも

表しています♩



いまここ全体、無・空、真我からおこる

敢えて二元の言葉にするなら

エネルギーに


からだが感じ、脳が反応する


これって


「私」はからだと思い込んでいると



「私の人生」



「私の不幸」



「私の悲劇」



「私の苦しみ」




『こんなことが私に起こっていて

とても大変すぎて

もう気も狂いそうなほど苦悩していて

誰よりも不幸な人生なので

この私の人生の絶望を分かってください

聞いてください

誰よりも苦しんでいるんです

心も身体もボロボロで仕事もやめます。

(とか、離婚して孤独です)』

(↑ これ例えばのストーリーです)



そんな「私の人生」は

一大事!



です。



―・―・―・―



「私」 「思考」 「からだ」


 を



みていく





そして


「いまここは」

それらが起こっている「今現在」では

ありませんね。

いまここは「いまここ」




とも表していますよ。



―・―・―・―・―・―



「いまここ」をみていく





「苦しみ」や「悲しみ」は

幻の思考が

つくっている

幻。

幸せも、喜びもです。




これも表していますね。




どれも起こっては消え、

起こっていない二元ストーリー。



それは非二元(いまここ全体、無・空、

真我)で二元のようにみえている

起こりで、

分離したことはなく

非二元(いまここ全体、無・空、真我)です。





というミラクルなオチ✨






これね、見事なカラクリ過ぎて

みんな

"Kimieになにか特別な起こりがあって

スピーカーさんやKimieは


そう思っているだけで、

やっぱり二元ストーリー

がリアル🎶"



って、探求しながらも

どこかで思ってしまって

気づけない 「私」




それにね



ここがソレなのに

どこかにあるはずと探し求める「私」



ここがソレなのに

手に入れようとしている「私」










あ、




見事ー



からくりー



二元ー



非二元ー



気づかないー



探求ー



ミラクルなオチー ←これまでも 笑








既にどれもこれも






概念ですね✨


・~・~・~・~・~・


ブログを書き表すが起こって

ブログの更新が起こったら…
(自動的で誰にもわかんない♩)




フェイスブックとの連動もうありません😊

たぶん♪




ときどき見つけてね🎵




フェイスブックしてないから

Kimieの動画を見たことない。

ってことで、

Instagramに動画あげました。

(あは、あの超ショートバージョン🤣)



Instagram ⏩ k.life.is___“

https://www.instagram.com/p/BUSQrzph2OR/




Kimie







こっそり…❓(^^♪


これも



Amazon.co.jp




🎶😊
 
 
 
 

気づき・意識・いまここ全体などと表されるソレ、コレが其々にあると思う思考

こんにちは。Kimieです♪


いまここ全体・気づき 意識・真我等と

表されるソレはー


あちこちの各々にあるわけじゃない♩



この思い違いは非二元、ノンデュアリティ

いまここ全体、無空、気づき・意識などと

表されるコレソレの話が

ややこしくなってみんな迷ってしまう

ところ。

それも起こっているだけなのだけど♪



それにね、

「いまここ」しかありません。

と表される「いまここ」も


みんなの思う「いまここ」が

「いまここ」

じゃないなっていう、これも思い違い。


「いまここ」は、いまここ。

みんなの「いまここ」は


"こんな苦労をしていて今、苦しいんです"

"人間関係に悩んでいて今、辛いんです"

"独りで居るので今、淋しいんです"


が「いまここ」になっちゃってます。


それ「いまここ」じゃないですね。

それ、もう思考や概念が

ピッタリとくっついて

「いまここ」じゃなくなっていますね。


そのことを幻とはいえ

それぞれのストーリーを聞きながら

「いまここ」をみていくと

やっと「いまここ」に気付けるという

トーリー♩


でもね、

二元ストーリーに現れると

いろんな解釈や概念で表され、

いろんな解釈や概念で受け取られる。


それも自動的に起こっていて

どれもこれも、全体、無・空、真我、などと

表されるソレコレからの起こりで、

起こっては消えていくストーリー。

そして起こっていない幻。


・ー・ー・ー・ー・ー・



「いまここ」はいまここ♫

現れているような個人、其々、

あっちにもこっちにも

「いまここ」があるのではないですね。


距離もないよ♫😉✨



でもこれも概念です。





Kimie






こっそり…(^^♪

Amazon.co.jp

のせてみたよ🎶

私はいますか。私の二元ストーリーと思っているストーリーは私のものではないよ♩

こんにちは。Kimieです。


最近よくミーティングで話すのは



よくみてください。

よーくよーくみてください。

よーーーーーーーーーーくみてください。


です♫


「体」と「私」が同一、一体化しているから

「私」の行為

「私」の思考

「私」の感情

の幻想を幻想だと気づけないでいて

「私の思考」「私の苦しみ」「私の悲しみ」

↓ 

二元ストーリーが一大事。

絶望が起こります。

・ ・ ・ ・ ・


私と思っている「私」は

誰ですか。


からだが私でしょうか。


「私」はどこにいるの。


体と私が私?????





例えば

朝、目が覚めて布団から抜け出るときに

ここに掌をついてここに力をいれて
(そのためにここの筋肉や関節を動かして…)

背中を持ち上げ、膝を曲げ、足首を…脚を…

足の裏を…背中を…腰を…

などと「私」が考えて体を動かしているでしょうか。

と聞くと、

「それは私が脳から指令を出して動かして

います。」と答えがあります。



本当に?



「私の脳」

「私の体」

「私」



脳は私でしょうか。

体は私でしょうか。

私は誰ですか?



よくみると気付ける筈。

もし、気付けられなければ、

よーくみてください。

それでも気付けられなければ、

よーーーーーーーーーーーーーく

みてください。


体は私でしょうか。

私はいますか。

どこに?



二元ストーリーに体が現れ

私のストーリーが続いていると思い込んでいる

そのストーリーは

私のストーリーではなくて

私はいなくて

いない私の思考で

苦しみや悲しみがつくられる。


カラクリ。



私はどこにいますか

いるとするなら





どこからどこまでが  私?





思考はどこから湧いてどこへ消えますか。



その思考がないとき

苦しみや悲しみが

ありますか。





これもよくみると

気付けるかもしれないですね♫



起こることは自動的。

起きて消える、起きていない幻です。





そして、これも概念です♩





二元ストーリーはミラクル✨✨✨






Kimie

瞑想も分離はなくてそのシーンが起こる。「観る」も誰かがではなく「観るが起こる」

昨日は

鶯梅院で瞑想会。

四月の個別ミーティングも終わり

お久しぶりに瞑想です♩


瞑想をする・ではなくて

瞑想が起こり


分離はなくて

エナジーでしかない


言葉にはなかなかできないなぁ😅


そう

二元ストーリーを

「観る」のも個人の私が

「見る」のではない


瞑想も

Kimieが・みんなと・瞑想をする

ではなく

瞑想のシーンでしかなく

瞑想すらも

消えるというのか

シーンが起こる


ただ

静かな幸せは

あるんです。


そうそう、

瞑想は北 全了 ご住職の誘導です。

「軟酥の法 」は

体がぽかぽか 😊


・*・*・*・


腑に落ちたが起こったことを

みんな

Kimieに起こった特別なこと

Kimieが特別ななにかを手に入れたと

「そうなりたい」って

茶ットサンやミーティングで

言われるけど




特別なことはなく

なにも手に入れるものはなく

気づく(?)がおこっただけ


もうみんなそれなんです。


個別ミーティングで

お話を聞き、

ひとつひとつ

思考、概念を

一緒にみていくと

「これも思考ですか?」って。


思考が当たり前すぎて

思考を思考と気づいていないんですね


思考がないそこ(どこかの場所ではなくて)

に気づかない



あるがまま在るの

「在る」も


ーただ在るー


「在る」


瞑想で思考がわくことだって起こります。

それも起こるがままー

あるがまま在るー



 ・・・・・



探求も一瞥も、解放も、解脱も、

二元ストーリーです。



ここに表されたことも

二元ストーリー概念です。





Kimie

二元ストーリーに起きている、いまここ全体・無・真我からの起こりを「観る」 「私」のストーリーではなく。

おはようございます♪

「観る」

「私」のいない覚者、解脱者、

一瞥、解放が起こった人は、

全体・無・空・真我から
起こる起こり、二元ストーリーを

「観る」のです。

二元ストーリー
「私」のストーリーではなく。

「観る」


それでしかない。

・ ・ ・ ・ ・

でも、

探求も、悟りも、
一瞥、解放
覚者も

二元ストーリー

幻です。



Kimie

自動的だから虚無。ではないんです。全体・無・空・真我の愛の起こりだから。

起こっていることは自動的だからって

虚無ではありません。


非二元・ノンデュアリティ・悟り・

いまここ全体・無・空

のメッセージは

頑張ってきた「私」頑張っている「私」

地位や名誉を得てきた「私」

得ていく「私」

誰かの役に立ちたい「私」


その「私」と思っている「私」は居なくて、

起こっていることは自動的なんて

私・自我にとっては

とても受け入れられるようなこと

ではない。


でも、

起こっていることはすべてどんなことも

いまここ全体・無・空・真我からの

起こりです。

言葉にはできないコレのことですが

敢えて表すなら

どんなことも

いまここ全体・無・空・真我からの

区別のない

愛の起こり。愛の現れですよね。



セラピーや、カウンセリング、

スピリチュアルなこと etc.

それらも起こっているのです。区別なく。

だから否定なんかないのです。
(否定・肯定も概念です。)

いまここ全体・無・空・真我

がこれはだめだから認めません。

あなたはだめです。認めません。と

排除するわけもありません。

それならそもそも二元ストーリーに

起こり現れないですよね。


だからどんなことも、分離なく

区別なく二元ストーリーに

起こり、現れているのです。
(現れているように見えている)


「セラピーを受けた方がいいんじゃないかと

勧められました。でも、いいまここ全体の

こととは違いますよね…」と

聞かれました。


それらセラピー等も、

いまここ・全体・無・空から

二元ストーリーに区別なく起こっているのです。

全体・無・空には否定(肯定も)などなく

どんなことも二元ストーリーに

全体から起こっています。

どんなことも起こることがそれ以外には

起こりようがなく、起きています。

それしか起こりようがなかった

完璧な起こりです。


いまここ全体のこととは違う

などということではなく、

区別なく起こっているのです。

いまここ全体・無・空・真我は

言葉にはどうしても表せない、

指し示せるものではありません。

だから、

ソレ・コレといわれたりもしますね。

非二元・いまここ・ソレ・コレは

無・空です。(表しがたいー😅)

どんなこともソレ、コレから現れている

二元ストーリー。区別のない愛の起こり、

現れです。


だからジャッジがないと言われます。


非二元。ノンデュアリティ



非二元から起こっているように見える

二元ストーリーは、

二元ストーリーと言われますが、


非二元で起こっているから、

二元ストーリーは非二元です。

セラピー、カウンセリング等々を

受けるが起これば受けるでしょう♪

受けないが起これば受けないでしょう♪

誰にもコントロールできない、


起こるがまま、あるがままに

お任せです。


そして、いまここ全体・無・空・真我の

自動的起こり、

ノーコントロールは、

虚無ではありません。


愛の現れ、愛の起こりです。

このことも言葉にはならない、

言葉でうまく伝えられない、、、

愛なのですよね、、、


でも、

ここに表したことはもう

すべて

起こっていて起こっていない

二元ストーリー。概念です。


それでも

非二元で起こっている

二元ストーリーは

やっぱり非二元です♩





Kimie

いまここにあるがまま在るっていうヒントのワークも自動的で起こるがままです。

Kimieです。こんにちは。


あるがまま在る。


覚者、一瞥・解放が起こったようにみえる

(探求も覚者も一瞥も解放も二元ストーリーですが)

人は、幸せといわれることしか
(幸せも概念です)

起こらなくなると誤解があるので

これまでも、

「起こることは全体からの区別の無い

起こりです。

苦しみ、悲しみ、嬉しい、楽しいは

ラベル、概念です。

ただただ起こることが起こっています。」

とお伝えしました。


どんなことも区別のない起こりです。

覚者は

それを私ごとと捉える「私」がいないのです。


起こっているを観るのです。



起こることはコントロールできません。


二元ストーリーの「私」は

排除しようとか、

何とか早くこの状況から逃れたい

が起こり、

努力、苦しみ、悲しみ等々がおきます。

「起こるがまま、あるがまま在る」

どんな感情も思考も幻とはいえ、

二元ストーリーの「私」(私も幻だけど)には

リアルに起こっているように見えるのです。

感じるのです。


それも自動的で

誰にもコントロールできません。



起こるいまここ、毎瞬に対処する。

起こることは止められません。

対処する。

と表しつつも、

それが起こるも起こらないも

どれも自動的です。



あるがまま在る。

リラックス♩


*・*・*・*・

先週の個別ミーティングで

ワークが起こりました。

起こることは自動的ですね♩


二元ストーリーに

現れているように見える

「私」の思考がぐるぐるのとき…

何もかもを取り払っていく

性別

年齢

学歴

職業

身体・脳

建物

場所

時間

なにもかも、なにもかも、なにもかも

認識できるありとあらゆるもの、

ぜんぶ、ぜんぶ、ぜんぶ、

取り払っても

残る


あるとはいえないけど、

あるソレ。

誰にも表すことはできないけど、


あるとはいえない

あるソレ。


ソレにある。




「いまここ・全体」

そこに立ち返る毎瞬。


指し示せ、

言葉にでき、

認識できる

ありとあらゆるもの事を取り払い、

それでも、

あるとはいえないけど、

だけど、ある。

それに立ち返る。

毎瞬。


難しい事は考えず、

知識で理解しようとせず

それに立ち返る、、、



二元ストーリーに現れているように見える

「私」へのちょっとした

ヒントになるかも。

をお伝えするが起こったのです。


ただ、これが起こるも起こらないも

自動的なのです♩


だから

あるがまま在る。

いまここにあるがまま在って

対処する。



それからね、


ドアを開ける、

蛇口を捻る、

水の感覚、音、流れるさま、

洗剤の香り、泡、、

食器の感触、

立ち上がる時の足、膝等々の動き、、、


毎瞬の起こりに気付く

在る。



コレって

二元ストーリーに現れている

「私」が

いまここに

毎瞬に

在るっていうこと、じゃないかな。




これをしながら

次にやらなきゃいけない

お風呂の掃除とか

入浴

洗濯

明日の仕事は何時から?とか


それを考えてたら

いまここではないですよね。


これも

ちょっとしたヒントになるかもしれない

とお伝えしました。


でもこれも、

二元ストーリー概念ですね♩


起こることは自動的で

起こるがまま

あるがまま在る。


Kimie

少し短いblog「いまここ・全体」「無・空」「真我」をどこかに探し求めるカラクリ。

少し短いblogです♪
タイトルは長め😋

こんにちは。

「いまここ・全体」「無・空」「真我」等々

と表されるそれについての

個別Meetingでのワンシーンです。

「気がついていないだけで

日常・二元ストーリーでも

「私がいない」シーンは起こっていますよ」

「例えばどんな時ですか」


一つ、二つ例を挙げます。


すると「それはただボーッとしていただけ

じゃないんですか」と。

補足して話してみます。

すると、

「うーーーん」


そんな当たり前のようなことじゃない筈と

思い込んでいるんですよね。


・*・*・*・*・*・


すでに「いまここ・全体」「無・空」が


ここにあるのに気付かないカラクリ。

もうそれであることに気付かないカラクリ。



すでにそれはここにあってそれであるのに、


みんなどこかに探してしまうカラクリ。



だけどこれも

二元ストーリー

概念です♩





Kimie






inform

第二回茶ットサンの際に使用した

Gmailアドレスは閉じていますm(__*)m