Life is ...

kimie

いまここにあるがまま在るっていうヒントのワークも自動的で起こるがままです。

Kimieです。こんにちは。


あるがまま在る。


覚者、一瞥・解放が起こったようにみえる

(探求も覚者も一瞥も解放も二元ストーリーですが)

人は、幸せといわれることしか
(幸せも概念です)

起こらなくなると誤解があるので

これまでも、

「起こることは全体からの区別の無い

起こりです。

苦しみ、悲しみ、嬉しい、楽しいは

ラベル、概念です。

ただただ起こることが起こっています。」

とお伝えしました。


どんなことも区別のない起こりです。

覚者は

それを私ごとと捉える「私」がいないのです。


起こっているを観るのです。



起こることはコントロールできません。


二元ストーリーの「私」は

排除しようとか、

何とか早くこの状況から逃れたい

が起こり、

努力、苦しみ、悲しみ等々がおきます。

「起こるがまま、あるがまま在る」

どんな感情も思考も幻とはいえ、

二元ストーリーの「私」(私も幻だけど)には

リアルに起こっているように見えるのです。

感じるのです。


それも自動的で

誰にもコントロールできません。



起こるいまここ、毎瞬に対処する。

起こることは止められません。

対処する。

と表しつつも、

それが起こるも起こらないも

どれも自動的です。



あるがまま在る。

リラックス♩


*・*・*・*・

先週の個別ミーティングで

ワークが起こりました。

起こることは自動的ですね♩


二元ストーリーに

現れているように見える

「私」の思考がぐるぐるのとき…

何もかもを取り払っていく

性別

年齢

学歴

職業

身体・脳

建物

場所

時間

なにもかも、なにもかも、なにもかも

認識できるありとあらゆるもの、

ぜんぶ、ぜんぶ、ぜんぶ、

取り払っても

残る


あるとはいえないけど、

あるソレ。

誰にも表すことはできないけど、


あるとはいえない

あるソレ。


ソレにある。




「いまここ・全体」

そこに立ち返る毎瞬。


指し示せ、

言葉にでき、

認識できる

ありとあらゆるもの事を取り払い、

それでも、

あるとはいえないけど、

だけど、ある。

それに立ち返る。

毎瞬。


難しい事は考えず、

知識で理解しようとせず

それに立ち返る、、、



二元ストーリーに現れているように見える

「私」へのちょっとした

ヒントになるかも。

をお伝えするが起こったのです。


ただ、これが起こるも起こらないも

自動的なのです♩


だから

あるがまま在る。

いまここにあるがまま在って

対処する。



それからね、


ドアを開ける、

蛇口を捻る、

水の感覚、音、流れるさま、

洗剤の香り、泡、、

食器の感触、

立ち上がる時の足、膝等々の動き、、、


毎瞬の起こりに気付く

在る。



コレって

二元ストーリーに現れている

「私」が

いまここに

毎瞬に

在るっていうこと、じゃないかな。




これをしながら

次にやらなきゃいけない

お風呂の掃除とか

入浴

洗濯

明日の仕事は何時から?とか


それを考えてたら

いまここではないですよね。


これも

ちょっとしたヒントになるかもしれない

とお伝えしました。


でもこれも、

二元ストーリー概念ですね♩


起こることは自動的で

起こるがまま

あるがまま在る。


Kimie